二次創作絵等ブログ。
by aru
カテゴリ
◇ MOTHER
  ∟ スペシャル
  ∟ まちたび
☆ プラネットライカ
〇 ティムバートン
  ∟ WEB素材
▽ その他
  ∟ ミュージシャン
  ∟ 星のカービィ
  ∟ 風のクロノア
  ∟ killer7
  ∟ 音ゲー
□ 雑記
  ∟ メモ
▲ 創作キャラ
[GBAトルネコ3攻略記]
[まちたび のんびりガイド]
社交場
検索
タグ
(28)
(28)
(25)
(8)
記事ランキング
その他のジャンル


子午線を歩く人

マンガです。短編集です。おすすめなのです。

e0106622_16403628.gif

子午線を歩く人
須藤 真澄
ふゅーじょんぷろだくと
(Amazonにはレビューも画像もない!勿体ない!!)







e0106622_20124315.jpgこれが表紙。
自分はBOOKOFFで見つけたのですが、最初は絵の可愛らしさに、夢見がちなハズレの少女マンガだろうなーと思ってページをめくりました。
最初の短編を読み終わり、これは立ち読みでは消化不可能!絶対買わねば!と思ってレジへ直行。(笑)

読み終えてみて、こりゃ絵がこれっくらい可愛くないと重すぎる!と思った。
扱ってるテーマが死をはじめ深い上に、いきなりシュールかましたり、ブラックジョーク効いてんだもの。
でもストーリーも台詞も一つ一つが洗練されているし、日常にうまく幻想的な出来事をとりいれていて、読んでいて飽きない。
さらに美形とブ形がちゃんとバランスとってて、主人公は勿論、主要登場人物全員美形なんていうありがちな図が無かったのも好印象。なんて絶妙なバランス。



e0106622_201726.gif特筆するのが、作者のおすすめ映画レビューなどのコラム。
マンガってすぐ読み終わってしまうものですが、学級新聞みたいなコラムがマンガに紛れていて、こいつが読むのに結構ヒマかかるんです。
しかも映画レビューの視点が超イカス。ちょっとアクの強い映画の数々を、なんか気のぬけるイラストと、皮肉なツッコミで紹介。
思わずこの映画観たい!って思ってしまいますホント。

短編集って、世間に結構名をはせる漫画家のものを読んでも期待ハズレなことが多い自分ですが、これは内容もボリュームも大満足です。



e0106622_20273417.gif


深いけど素朴なので、派手さや華を求めて読むと多分失敗します。
お酒の銘柄がしょっちゅう出てくるかと思いきや、
子供のように鋭い観察力で話が進行するので、
子供向け大人向けっていうより、こういうの好きな人に読んで、としか言えない。
一応エロネタもあるので、性教育終えてからのがいいかもしれないけど。
ゼヒ、古本屋などで見かけたら、手にとってみて下さい。ツボが同じ人ならイケル筈。


作者の須藤真澄さんて、なんか名前に覚えがあるな~と思ったら、
『ゆず』を描いた人だったんだね。目がチョボ点の猫のキャラクターだったよね、確か。
こないだ、『子午線を歩く人』と姉妹本のような短編集『観光王国』と、
『ゆず』を見かけて読みましたが、それらはここまで強く誰かに薦めたいとは感じず。
(『観光王国』も良かったんですが、『子午線を歩く人』のが完成度高いです。)
映画監督なんかもそうですが、同じ人の作品だからといって
全てが自分のツボにクるわけではないと改めて感じた瞬間でもありましたー。
(残念だとは思いません。寧ろ人間らしさを感じてニヤリとさせられます。)
一番上の自分の絵は、収録話の中から『今宵楽しや』でした。
以上!
[PR]
by 2-ji | 2006-12-31 20:41 | ▽ その他
<< Grim Fandango 小作集2 >>